リリースのお知らせ

Mattermost v7.2 が利用可能になりました

この新しいリリースには、チャネルのメッセージ転送と、

新しいスキーマと出力ログ タイプをサポートする

監査ログ v2 ベータ版が含まれています。

Mattermost v7.2 は本日一般公開されました。

次の新機能が含まれています。

※詳細については、変更ログを参照してください。

チャネル: メッセージ転送

チャネルの新しいメッセージ転送機能を使用して、パーマリンクとそれぞれのパーマリンク プレビューとしてメッセージを簡単に共有できるようになりました。

特定のメッセージのメッセージ ホバー アクション メニューの [その他] セクションから新しい [転送] オプションを選択し、目的の宛先を選択して、必要に応じてコンテキストのコメントを追加するだけです。

メッセージ転送は、チーム間だけでなく、同じチーム内でも機能します。

パブリック チャネルのメッセージは、どこにでも転送できます。

ただし、ダイレクト メッセージ、グループ メッセージ、またはプライベート チャネルで送信されたメッセージは、元の場所内でのみ転送できます。

これらのよりプライベートな設定では、メッセージ転送機能を使用して、リマインダーとしてメッセージを送信したり、コンテキストを追加したりできます。

詳細については、ドキュメントを参照してください。 

プラットフォーム: 監査ログ v2 ベータ版

監査ログは、Mattermost の使用に関する「誰が、何を、どこで、いつ、どのように」記録することで、セキュリティ、コンプライアンス、ITOps を提供します。監査ログ v2 (ベータ版) は、既存のサードパーティの監視ツール、ダッシュボード、およびレポートを使用して、重要なデータの監視、保存、および分析のプロセスを合理化します。

今回の更新では、データベース スキーマ、つまりイベントの記録方法に焦点を当てています。スキーマが拡張され、イベントの前後の状態に重点を置いて、より多くのイベント データが含まれるようになりました。また、タイムスタンプなどへのフィードバックに基づいて、いくつかの変更を加えました。

スキーマの変更は、現在ベータ機能をテストしているすべての人がイベント データを確認し、イベントに対して設定されたアラートがある場合はそれに応じて編集する必要があることを意味します。

新しいスキーマとその他の変更の詳細については、Audit Log v2 のドキュメント ページを参照してください。

Mattermost リリース 7.2 へのアップグレード

既存のサーバーを新しいリリースにアップグレードするには、ここにアクセスしてください。

アップグレードに関する重要な注意事項を確認して、特定のバージョンからアップグレードする前または後に実行する必要があるアクションを確認してください。

また、プロセスをガイドするのに役立つこの便利なリファレンスも作成しました。

Mattermost を初めて使用する場合は、Enterprise Edition の 30 日間トライアルに登録してください。

こちらの記事は以下のMattermost公式ブログ(英語)の引用記事となります。

Mattermost v7.2 is now available

もっと情報が必要ですか?

資料請求

WEBフォームよりお申し込みいただければ、すぐに資料をダウンロードすることができます。お気軽に資料請求をしてください。

無料トライアル

無料トライアルをお申込みいただくと、お客様専用の環境を30日間利用することが可能です。以下のリンクより、ぜひお申込みください。

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。弊社スタッフがすぐに対応させて頂きます。